本文へスキップ

中部土地開発は商業施設の開発や不動産取引をする会社です。

会社方針CONCEPT

経営理念

  1. 生命を尊び、人を信頼し、自然に畏怖し、謙虚な姿勢を持って社会で果たすべき役割を果たす。
  2. 生まれたことに感謝し、事業を通じて成長し、人生の意味を知ること。
  3. 未来を想像、社会の平和と人々の幸せに貢献する事業を開拓し、チャレンジすること。

社員憲章

  1. 《和》 すべてはつながっていることを知ること。
  2. 《日々変革》 すべては変化することを知ること。
  3. 《自己成長》 すべては人格成長のためにあることを知ること。
  4. 《利他》 自分だけへの執着を捨て、すべては平等であることを知ること

経営ヴィジョン

不動産開発企業として、次の時代のヴィジョンを形にできる企業に成長して社会に貢献します。具体的には商業施設の開発を通じて生活の中に楽しめる場を創造したり、宅地開発を通じて夢のある街を創造します。また次の次世代の不動産投資も進めていきます。

CEOメッセージ

テクノロジーの進歩は目まぐるしく、常識的な発想や手法の経営では今や企業は存続できなくなっています。特に不動産投資は時間のリスクが時間のリスクがが大きく、常に時代の最先端を走ることを意識しなければなりません。その中で仕事に追われて人間性を失うことがあってはなりません。社員憲章を忘れることなく、社会に貢献する者のための企業となる様励んで参ります。

会社沿革

1985年4月
武生市(現「越前市」)国高2丁目にて「中部土地開発株式会社」本社設立
1986年
宅地分譲販売 「ライフタウン村国」
1987年
宅地分譲販売 「ライフタウン横市」
1991年
ショッピングセンター「エスカ」(現「武生楽市」)開店。本社を現在地(越前市横市町)に移転
1996年
武生駅北開発に:参画。
1996年5月
「マクドナルドエスカ店」開店
1998年4月
賃貸マンション「アビタシオーネ」完成(系列会社所有
2001年
「エスカ」第1次リニューアルを実施。
  
店名を「エスカモール武生楽市」に改称。
2003年
宅地分譲販売「ライフタウン塚町」
2007年
宅地分譲販売 「ライフタウン塚原町」
2009年
「セブンイレブン塚町店」開店
2014年
「ネッツトヨタ福井越前店」開店。
2016年
「武生楽市」第2次リニューアル実施
2018年11月
「ドン・キホーテ越前武生インター店」開店